Adsense

2018年1月31日水曜日

【観光】初の川越観光、まずは「右門のいも恋」を歩き食べ

ちょっと古い記事ですけど、1月の3連休、中日に川越に行ったことについて。
想像以上の観光地、一度じゃ見切れないですね。
 
川越を巡るには、喜多院から反時計回りがいい。
向かう電車でそんなネットの記事を見て行ったものの、現地に着いてバスに乗ったら喜多院周辺は大渋滞、普段は10分かからないところが20~30分かかるとのこと。
 
それじゃぁなということで、時計回りに変更。
バスで向かった先は仲町でした。
 
仲町は、北が蔵造りの町並み、南には昭和の街という境界。
よし、まずは菓子屋横丁目指して、北に歩いていこう。
 
蔵造りの中に、モダンな造りは旧山吉デパート。
長い間廃墟だったのを復元、補強したんだそうです。
 
お土産物屋さんもお洒落だな。
昭和レトロなムードたっぷりです。
 
隣にある「菓匠右門」、いも恋という饅頭が有名なんですよね。
よし、これを食べながら歩くことにしよう。
 
店頭で蒸して売っているんですよね。
寒い中、熱々の「いも恋」の包装パッケージには開けやすいように切れ目を入れてくれます。
 
ホクホクの饅頭をパクっと一口。
中にはサツマイモと粒あん、皮は山芋ともち粉。
 
餡子の甘さにサツマイモの風味が加わり、想像以上によく合って美味い。
サツマイモのホクホク感、たまりません。
 
美味しく食べ歩き、いいもんですねぇ。
 
 
菓匠右門 一番街店
049-225-6001
埼玉県川越市幸町1-6
営業時間 9:00~18:00
定休日 年末年始
 

0 件のコメント:

コメントを投稿