Adsense

2018年1月15日月曜日

【グルメ】大阪グルメの定番、「串かつで一杯」を午前中から

通天閣近く、この日の軽めの食事にと入ったのは「串かつ 壱番」。
 
通天閣すぐ近くなので立地は抜群、お昼時や夜はさぞかし混むんでしょうけど、この日はまだ10:30過ぎだったのでガラガラ。
まぁそんな時間から串カツ食べようという我々も我々ですけど、そんなニーズにも応えてくれる店があるというのはさすが食い倒れの街、大阪です。
 
 
一先ずビールと、串カツお任せ10本盛り合わせを2名でシェアすることに。
 
お~、串カツきたきた。
実は大阪の串カツはを食べるのは初めて、2度漬け禁止っていうことを知っている程度なんです。
 
そこそこ大きな食材なので、串を水平に近いぐらいまで寝かせてソースをひたひたに。
さぁて、頂きま~す。
 
衣に包まれているので外見ではわからずでしたけど、最初に食べたのは鶏ささみ。
これがビックリするくらいに美味なんです。
 
衣はサクサク、中にはアツアツの具材。
ソースはさっぱりとした酸味とほのかな甘味があって、衣に程よく染みて具材の味を引き立ててくれるんです。
 
家でも簡単にできそうなんだけど、こんなに美味しくはならないなぁ。
秘訣はソースなんですかね。
 
口の中にソースの味が残っている時にビールをグビっと。
衣の油が流されて、これがまたたまらなく旨い!
 
もちろん歩いて喉が渇いているという事情もありましたけど、串カツと一緒だからこその旨さ。
こりゃたまらんですな。
 
ツマミに梅くらげも、コリッコリの食感でこれも美味。
いい塩梅のとは正にこのことだなと。
 
他にもウィンナーや蓮根、鶉と豚肉も食べましたけど、どれもこれも個性があって美味しいんですよ。
素材の味がかえって際立つのは意外でしたけど、これは大阪に来たら是非食べるべきものですね。
 
カキフライも串カツソースで。
この衣とソースは何にでも合います。
 
ついついビールもお代わりしてしまい、串カツも追加オーダー。
美味さで手が止まらんぞ。
 
椎茸と玉ねぎも素晴らしかったけど、長いままのアスパラがまた絶品。
串カツだと、それは柔らかく仕上がるものなんです。
 
 
でもこの日の衝撃は、紅生姜の串カツ。
 
何で紅生姜? どんな形状なの?
その答えが上の写真です。
 
牛丼屋さんなんかによくある刻んだものではなくて薄切り。
でもこれを串カツにするなんて…
 
ソースをつけて、カプッと一口。
おぉ、美味いぞ。
 
紅生姜は塩気控え気味の甘め。
なので味が濃すぎるのでは?という予想は裏切られます。
 
そこにサクサク衣、さっぱり甘めのソース。
生姜そのもののさっぱり辛さも加わり、今まで食べたことのない不思議な味なんですよね。
 
B級グルメの味ながらも、ビールにはよく合うことは間違いなし。
東京ではなかなか味わえないものを楽しめたなと。
 
冒頭にも書きましたけど、お店は通天閣すぐそば。
入り口も目立つのでわかりやすいと思います。
 
お昼前からビールに串カツ、最高の心地良さでした。
 
 
壱番
06-6630-0001
大阪府大阪市浪速区恵美須東2-6-1 パインフィールドビル 1F
営業時間 10:00~23:00
無休
 

0 件のコメント:

コメントを投稿