Adsense

2018年1月23日火曜日

【ふるさと納税】根室からのサーモン、刺身も焼きも美味

大阪紀行の記事へのお付き合い、ありがとうございました。まだ土産物の記事が残っているものの、串カツを自宅で作るまではアップできない内容。なので他の記事を先行させてアップしていきます。で、ふるさと納税でゲットした根室のサーモンについて。刺身用が5本、焼きの腹身が7本で合計3kgありました。凄い量には少々びっくり。でも味は素晴らしくて、それぞれオーソドックスに食べたものをご紹介です。
 
 
 
まずは刺身、トラウトサーモンなので、海で育てられた鱒ですね。何が違うのか、気がついたのは身の味が濃いこと。醤油にも山葵の辛さにも負けず、身の甘さをはっきりと主張しています。刺身なんて最近の養殖以降の楽しみ方ですけど、この美味しさはさすが根室だなと。
 
 
 
続いて焼いて食べる用の腹身。脂がのっているのは腹身ならではで、その脂は焼くとじんわりと浮いてくるんですよ。骨が少々邪魔ながら、一本一本が大きいので、外すのにさしたる手間もかからず。スーパーではなかなか手に入らない部位、ふるさと納税ならではの味を満喫です。
 
 
美味い鮭は、皮まで美味いんですよね。最初は抵抗があったものの、塩加減もちょうど良く、実は皮の方が美味いんじゃないかなとさえ思える味です。いやぁ、サーモンがこんなに美味いとは。ふるさと納税はやっぱり嬉しいものですね。【今日のワンポイント】・根室へのふるさと納税の鮭、かなりの量で2万円分。冷凍で送られてくるので、一気に食べる必要もなし。なかなかのお勧めです。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿