Adsense

2018年7月6日金曜日

【グルメ】伊豆大島の鼈甲鮨、都内ならこの店で

竹芝桟橋に到着、「島じまん2018」は…
 
うわ~、凄い数の人。
特に大島、八丈島、三宅島のブースは大行列。
 
まさかここまで人が来ているとは。
メジャーな島は、訪れたことがある人が多くて人気なんでしょうね。
 
大島のあしたばサバドッグを食べようと思っていましたけど、あまりの人の多さに断念。
 
一先ずデッキに移動、ここの階段も日陰で座れる場所で食事をする人でいっぱい。
さっきまでいた晴海埠頭、あそこで何か食べてくればよかったかな。
 
いやいや、会場は広いので、探せば並ばず食べられるものもあるだろう。
ターミナル建物内に移動すると、お、意外に人が並んでいないところを発見。
 
常設の「鼈甲鮨」、このお店、土日祝日は定休日とサラリーマンには縁遠い営業形態なんです。
なので、ここで食べることができるというのもイベントならでは。
 
店頭で売っていた、島島べっこうずし弁当700円を購入。
名前の通り、縞々ですね。
 
お腹が空いたし、さぁて、頂きま~す。
 
そもそも鼈甲鮨って何だ。
 
ネットで調べると、伊豆大島の郷土料理のようです。
 
白身魚、このお店は真鯛を使用していますけど、これを醤油と島唐辛子に漬けておき、これを梅胡麻酢飯に巻いて、明日葉を巻いたもの、か。
白身魚、確かに鼈甲のような色に変化してますね。
 
早速食べてみると、お、白身魚に甘みがある。
再び調べるとオリーブオイルを塗ってあるとのこと、これが影響しているのかな。
 
柔らかく、ねっとりとした食感。
これがさっぱり酢飯にぴったりマッチ、口の中で旨味の塊になり、飲み込むのが惜しい美味しさに。
飲み込んでしまうと、同じ味を欲してもう一つ、そしてもう一つ。
 
ガリをつまむと、酸味に特徴があるのはレモンピールが混ぜてあるから。
これがまた素敵な口直し、鮨の味をまた新たなものにしてくれるんです。
 
そういえば、手前にある白い直方体は何だ。
齧ってみると、これは蒟蒻、さっぱりと歯応えが良くて、これもまた「無」がもたらす口直しになっていました。
 
途中で箱とラップの間に隠れていた山椒を発見。
なるほど、山椒なくても十分美味しかったですけど、これにピリッと刺激を加えるとは秀逸な発想。
 
食べてみると、想像通りのねっとり旨味にピリッと感、いやぁ、美味しかった~。
7貫あっても、あっという間に食べ尽くしてしまいました。
 
そうそう、隠れていたといえば、箱の赤い舳先の部分には飴のようなものが入っていたというのをネットで知りました。
気付かず捨ててしまいましたけど、何か少しでも書いておいてくれるといいのになと。
 
まぁそれはよしとして、これはお薦めの一品です。
 
 
鼈甲鮨
03-3433-4820
東京都港区海岸1-12-2 竹芝客船ターミナル内
営業時間 11:30~15:00
定休日 土、日、祝
 

0 件のコメント:

コメントを投稿