Adsense

2018年7月5日木曜日

【観光】汐留と竹芝の中間、いろいろとイタリアっぽい公園

バスを銀座4丁目で降りて、竹芝桟橋までどうやって行こうか。
 
銀座線で新橋、ゆりかもめで竹芝へというのが定番でしょうけど、勿体ないからよし、歩いて行こう。
距離にしてみると、2kmちょっとですからね。
 
気持ちいい木陰、照りつける日光には嬉しいもの。
この木陰の先に、何だか綺麗に整備された一角があったんです。
 
イタリア公園、そういえば「汐留イタリア街」がすぐ近くにあったな。
 
イタリア人設計、トスカーナ・ルネッサンス様式の庭園。
西欧の整形式庭園はどれも似通っているけど、彫刻が配置されているのがイタリアっぽいかな。
 
ミロのヴィーナス。
腕がないからそう見えるだけ、だったりして。
 
他にも11体の彫刻があるんですけど、ポーズが結構色っぽいんです。
イタリアにはこんな彫刻がたくさんあるのか。
 
写真左半分の植え込みに隠れて、日焼けをしたいおじさんが海パン姿で寝ていたり。
考えようによっては、怪しさたっぷりの公園ですね。
 
この角度だと、汐留イタリア街がバックに。
あのエリアには暫く足を踏み入れておらず、お店が増えたりしているのかも。
 
 
よし、竹芝桟橋まではあと一息。
 
外壁修理中の首都高沿いに歩くと、新しいビルと、そのビルへのスカイウォークを建設中。
スカイウォークは首都高の上を通すようで、随分と高い位置、本当にスカイウォークだな。
 
そんなこんなで竹芝桟橋に、到着後の様子についてはまた明日。
 
 
イタリア公園
港区東新橋1-10-20
ゆりかもめ汐留駅から徒歩5分
 

0 件のコメント:

コメントを投稿