Adsense

2018年6月10日日曜日

【ふるさと納税】土佐のはっさく、コンポートやマーマレードもいい仕上がり

香川県宇多津町へのふるさと納税返礼品の八朔。
水分豊富、甘味とともに感じる微かな苦味がまた美味しいんですよね。
 
いつもの如く大量に送られてくるので、お裾分けしないと食べ切れず。
とはいえ、八朔は美味しいので、差し上げると喜ばれるので苦にならずです。
 
毎日食べても食べ切れず、とある日に剥いた実がカスカスになっていたので、残りを一気に加工。
皮を剥くのに最初は苦労したんですけど、慣れてくると包丁の入れ具合のコツもつかんで効率も上がるものです。
 
まず、まだ新鮮なものはそのまま冷蔵して。
この頃になると、苦味より酸味が優って更にいい味になっています。
 
少し傷み始めたものはコンポートに。
白ワイン、ハチミツに砂糖で風味をつけるので、複雑さが増して美味しくなるんです。
 
保存がきくようになり、日々味が染みていくのもまた楽し。
美味しいので、すぐに食べ尽くしてしまうんですけどね。
 
そして傷みが進んでるのはマーマレード。
よく洗って千切りにした外皮を煮込んで、剥き身の八朔と砂糖を入れて20分ほど煮込むのみ。
 
外皮の苦味を抑えるには、水を2~3回変えて煮込むと良いそうです。
これは暫く置いた方が味が馴染むので、冷蔵庫で数日置いた後に食べると良いでしょう。
 
余った果物、デザートやジャムに加工するのも楽しいものです。
 
 
【今日のワンポイント】
・マーマレードの食材分量は、剥き身500gに外皮250g(剥き身と外皮2:1)、砂糖を350g(剥き身+外皮の50%前後、甘さ控え目なら40%)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿