Adsense

2018年2月2日金曜日

【グルメ】川越のお土産、温か狭山茶と絶品いもけんぴ

菓子屋横丁、狭いエリアにお店が密集しています。
明治時代からあるらしいですけど、大火事があったのは3年ほど前だったか。
 
そんな跡は全く見当たらず。
観光客で溢れかえる活気ある街でした。
 
川越って、サツマイモが名物なんですね。
麩菓子もサツマイモ、こりゃ面白いけど、買いたくなるほどはそそられず。
 
お~、芋けんぴ、こりゃ美味そうだな。
 
家で食べようと、大袋を一つ購入。
よく見ると、「いも恋」の菓匠右門のお店でした。
 
そうだ、狭山茶ってこのあたりかな。
普通のお茶もいいけど、こういう場所ならではということで、玄米茶と玄米入りほうじ茶を購入。
 
時の鐘、川越のシンボルですね。
これを見なければ川越に来た気がしないということで、少し回り道をして見物。
 
先に購入してきたもののご紹介。
 
芋けんぴはパッケージが油紙風で洒落てます。
玄米茶、玄米入りほうじ茶は、パッケージの稚児が可愛らしい。
 
玄米入りほうじ茶を飲みましたけど、香りの良さはピカイチ。
やはり本場の味だなと、満足度の高い一品でした。
 
DSC_3130
芋けんぴ、これがまた旨いんです。
サツマイモだけでなく、蜜の甘さが上品だなぁ。
 
バリバリとついつい手が伸びてしまう味。
昔のお菓子と舐めてはいけないですね。
 
さぁて、次は氷川神社にというところで、続きはまた明日。
 
 
菓匠右門 川越けんぴ工房直売店
埼玉県川越市元町2-9-3
049-223-2323
営業時間 10:00~17:00
定休日 年末年始
 
長峰園
049-223-3210
埼玉県川越市元町2-2-5
営業時間 10:00~17:00
無休
 

0 件のコメント:

コメントを投稿