Adsense

2018年5月29日火曜日

【風景】市川にも外環道、開通直前の風景をここに残そう

市川市民にとって、ここ暫くはこれ以上のインパクトはないであろう外環道の開通。
その前の様子はもう二度と見ることはできずということで、近辺をぷらぷらと歩いてみることに。
 
まずは妙典から、東西線沿いに歩くと、江戸川放水路で妙典公園に。
かつては何にもない場所、こんなに綺麗は花が咲く公園が整備されるとは。
 
東西線車庫用の線路を跨ぐための歩道橋があって、その上から見渡すと結構広いこと。
大型スーパーも近いし、子育て世代には住みやすい街ですね。
 
放水路側に出ると、お~BBQ盛り上がっているなぁ。
 
ここは無料でBBQ向けにしているので、週末は数多くの人が集まるんです。
以前よりも更に人が増えた気がすします。
 
 
河原沿いにそのまま海の方に。
外環道と関連して建設中の妙典橋を見ようかなと。
 
この橋、外環道ができたら妙典に住む人を更に便利にするはず。
外環道に乗るにも降りてからも、国道357号線や新行徳橋といった車の多い道路を経由することなく、江戸川放水路を渡れるようになるんです。
 
用地取得の関係で工事は遅れ気味、完成は2019年度に入ってからとのこと。
まぁここまでできていれば、あとはチョチョイのチョイですね。
 
反対側、外環道近くはまだ地上に繋がっておらず。
アクション映画でこんなところから車が飛ぶ…なんてことは妄想に過ぎず。
 
さて、外環道に戻ってと。
歩道橋が一足早く開放されているので、その上から撮影。
 
何の変哲も無い高速道路。
よくみると、作業用の自転車が走っているのが少し珍しい程度ですね。
 
ここも次の週末になると、車がビュンビュン走っているんでしょう。
便利になるのはいいこと、でも静かだった場所がが失われていくのも、少々寂しい気がしなくもないかな。
 
どのような変化が起きるんだろうか。
ともかく、開通が楽しみです。
 
 
【今日のワンポイント】
・今回開通予定の部分は15.5km。たったこれだけの距離でも、かつては40〜50分かけて移動していたんです。開通後は15分もかからずでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿