Adsense

2018年5月26日土曜日

【観光】京成バラ園、一段と美しい整形式庭園

整形式庭園に戻ってくると、そこには満開の薔薇が目の前いっぱいに。
 

この紫の薔薇は「シークレット パフューム」。
艶やかな色合い、数多くの色に圧倒されます。
 
パフュームというほどの香りはない気がするのは、他の花の香りもあってのことなんだろうな。
 
このエリアには建造物もいくつか。
花のみの写真は華やかですけど、色も構図も単調になりがち、こういう濃い色の建造物は使いやすい。
 
円形庭園の真ん中には、傘のような白い薔薇。
ん、傘じゃなくて噴水なのか、そう意識すると、滴る水のように見えますね。
 
柱状の薔薇が2本、真ん中にはボリューミーなピンクの薔薇。
この真ん中に立って、記念撮影する人の気持ちもわからなくはないです。
 
赤い薔薇の背景には、由美のガゼボだったかな。
 
ん、由美って、桂由美のこと?
ここにも進出しているとは、桂由美の凄さを改めて感じた一瞬。
 
薔薇の鳥居…じゃなくて、小径のゲートですかね。
他の薔薇が余りにもボリューム感たっぷりなので、こういう構図に安心感を覚えますね。
 
歩きながら薔薇を眺めたり、香りを楽しんだりと。
思い思いに過ごすお昼過ぎ、平和ないい空気感をたっぷり楽しんできました。
 
噴水は小規模だけど、周囲の花は本当に綺麗だなと。
これはお金を払って観る価値のあるバラ園、実力を感じ取ることができた2時間でした。
 
さぁて、少々歩き疲れたので、ソフトクリームでも食べてから帰るかな。
その様子は、また明日の記事にということで。
 
 
【今日のワンポイント】
・ガゼボの正面の正面には、ベンチが多数。全部こっちを向いていて、まさかこんなところで結婚式なんて…なぬ。ネットで調べてみたら、常にではないものの、そういう機会もあるそうです。興味がある方は、調べてみてください。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿