Adsense

2017年5月23日火曜日

【ミリタリー】首都防空の要諦、下志津駐屯地の戦闘訓練

下志津駐屯地の戦闘訓練展示、高射特科群なので迫力は今一つながら、それほど混んでいないこと、間近で観ることができることがポイント。
今回もゆったりと楽しんできました。
 
まずは開始直後、87AWの突進です。
 
昨年まではすぐ横で観ることができたんですけど、今年そのエリアは最新式レーダーのJTPS-P25に占領されていて入れず。
あの音と地面の振動、良かったんですけどねぇ。
 
対空レーダーの設置、テキパキと素早い動作も写真になってしまうと長閑な雰囲気。
実戦では、いつ攻撃されるかもわからない状況であるはずです。
 
あ、敵の偵察機…という設定のLR-2。
高速で上空を飛び去っていきます。
 
敵機来襲、迎撃!という設定。
赤い模型が木っ端微塵に吹き飛ぶものの、何故かほのぼの可愛らしい。
 
味方陸上部隊が上陸、まずは偵察バイクが武力偵察。
速くて格好いいぞ。
 
お、コブラが近づいてきた!
何と、観ている場所の上空でホバリング。
 
土埃が舞うは、枯葉が飛び散るはで周囲は半パニック状態。
シャッターチャンスとばかりに撮っていたら、枯葉がいくつか髪の毛に絡まっていました…
 
装甲車が機関砲を撃ちながら突進!
空砲ながらも、近くで撃つので音がデカくて少々びっくり。
 
突撃する自衛官…あれっ、奥のつつじの中に見物客が…
機関砲や小銃を自分に向かってバンバン撃たれて、怖くないんですかね。
 
コブラも機関砲をグリングリン動かしてます。
地上部隊に合わせて、コブラも一気に突撃!
 
人の動きが激しくなって、敵陣地を制圧完了。
 
ってな感じですけど、今回は間近にあったスピーカーの調子が悪く、音が途切れ途切れ。
細かい部分はよくわからなかったものの、例年通り楽しませてもらいました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿