Adsense

2017年5月13日土曜日

【グルメ】丸ビルの「醍醐味」、季節の味の醍醐味

丸ビルにある和食店、「醍醐味」に行ったので料理をご紹介。
味そのものだけでなく、雰囲気がいいお店なので、接待なんかに使うにはもってこいのお店でした。
 
先付は、蛍烏賊、河豚の煮こごりに空豆。
 
旬の食材を丁寧に仕上げていますね。
これで美味しくない訳がない。
 
特に蛍烏賊は絶品で、ワタはふっくら、身は柔らか。
スーパーで売っているのとは全く別の食べ物です。
 
温物はアサリのしぐれ煮茶碗蒸し、アサリも正に季節モノですね。
 
旨味がパンチになって、優しい出汁の茶碗蒸しとのコラボ。
美味いなぁ。
 
お造りは、カンパチ、中トロにヒラメ。
贅沢な魚、程よい固さと旨味、食べるのが勿体無い美味しさ。
 
煮物、筍の桜エビ真薯はさみ揚げ。
 
これがこの日のベスト料理です。
筍の食感と香りの良さはいうまでもなく、エビ真薯の香ばしさに旨味が見事なマッチング。
 
無駄や隙がない味で、白ワインの甲州にも、途中から飲んだカリフォルニアのソヴィニヨン・ブランにもぴったりでした。
 
牛ロース焼き。
下に敷かれたエリンギもまた美味いんです。
 
脂がのった肉、量を食べられないので丁度いいんです。
長野のメルローにもよく合ってました。
 
イクラご飯に赤出汁、適度な塩味が素晴らしい。
 
さほど甘くない甘味。
量は充実していて、食事の締めにはぴったりでした。
 
う~ん、店の雰囲気もあるんでしょうけどね。
インパクトのある味ではないものの、一品一品を楽しみながら会話も進みます。
 
万人受けする無難な味を美味しく、この店の素晴らしさなんでしょうね。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿