Adsense

2018年4月30日月曜日

【観光】日光東照宮、圧倒的な煌びやかさに囲まれて

二荒山神社から歩いて3分ほど、日光東照宮の入り口に到着。
 
いきなり豪華な五重塔。
周囲の華やかな装飾、塔と高さを競うような真っ直ぐな杉の木との対比が印象的です。
 
さすが、日光を代表する観光スポットだけあって、人の数も半端じゃない。
バスで到着するのか、まとまったお客さんが行列をつくって、人がはけたらまた行列の繰り返し。
 
落ち着いた時に入ろうとチケットを購入すると…
え、1,300円とは、また高いな。
 
中に入ると、建物のメンテでお金がかかることはよく理解できるんですけどね。
神社仏閣の拝観料としては、今までで最高額かも。
 
境内は広くて、華やかな建物が密集しています。
さすがは徳川家康、スケールが違うなぁ。
 
境内に入ってすぐ左手には、有名な「見猿聞か猿言わ猿」の彫刻。
 
本来の意味は、論語にある「礼節を欠くようなことを、見てはならない、言ってはならない、聞いてはならない、行なってはならない。」なんだそうです。
知らなかった。
 
陽明門は金ピカ。
豪華な彫刻が散りばめられていて、圧倒される煌びやかさ。
 
陽明門の白い獅子、この白さを保つのは大変なんだろうなぁ。
 
唐門には更に白が多用されてますね。
この門が建造された江戸時代初期は、白が極めて貴重な色彩だったことがうかがい知れる色使い。
 
あ、これが有名な眠り猫か。
 
国宝と聞くと有難いですけど、小さなこの彫刻、何がそんなに凄いんだろう。
皆が写真を撮るのでああこれかと気付いたものの、それほど目立つ訳でもなく、よくわからんなというのが正直なところ。
 
猫が日の光を浴びてうたた寝、つまり日光を表しているというのも、ちょっと無理があるような…
 
奥宮、徳川家康のお墓ですね。
意外に質素で狭いのは、久能山東照宮とも通じるものがあります。
 
後の時代に、こんなに大量の観光客が訪れる場所になるとは、誰も考えていなかったでしょうね。
外国人も含め、数多くの弔問者が訪れる賑やかさ、徳川家康も喜んでいるかな。
 
奥宮に通じる階段、実はかなり急で200段ほどあるので、登るのは結構キツいんです。
人が多いと帰りも大渋滞するのは、階段の登り始めが狭くてすれ違いに気を使うからなんですよね。
 
ハァハァと苦しそうに登ってくる人を横目で見て、自分もこんな姿だったのかと反省しながら列が進むのを待つ。
若干のシュールさを感じる空間もまた、東照宮の面白さなんでしょう。
 
 
日光東照宮
栃木県日光市山内2301
0288-54-0560
参拝時間 4月~10月 8:00~17:00、11月~3月 8:00~16:00
参拝料金 大人1300円

0 件のコメント:

コメントを投稿