Adsense

2018年4月17日火曜日

【観光】浜松町駅徒歩1分、自然豊かな旧芝離宮庭園を歩く

とある土曜日、この日は芝離宮に。
 
浜松町駅から徒歩1分という便利なロケーションにありながら、なぜか今まで1回も行ったことがなかったのは不思議。
まぁそんな場所は都内にも数多あるのに、普段は気付いてもいないだけなんでしょうけどね。
 
正式名称は旧芝離宮恩賜庭園。
江戸時代初期は、唐津、佐倉、小田原藩主を歴任した老中、大久保忠朝の上屋敷跡だった場所です。
 
大久保忠朝 は、2代前の大久保忠隣が改易された小田原に戻るだけの功績をあげた人物。
この芝離宮も、徳川家綱から拝領した庭園が原型になっているそうで、権勢を極めていたであろうことが伺えます。
 
この庭園の見どころは中央の大きな池。
その周囲が庭園となっていて、正式には回遊式泉水庭園というんだそうです。
 
見るからに手の込んだ石橋、水中には鯉が多数。
この庭園を維持するだけでも、かなりのコストがかかりそうだな。
 
ん、海水取水口跡ってことは、そうか、かつては池の水は海水だったんだ。
当時は鯉じゃなくて、青ギスや鱸が泳いでいたんですかね。
 
もう一つの見どころは石組。
唐津山は、大久保忠朝が唐津藩主だったことに因んだものなんでしょう。
 
果たして本当に唐津山という山があるのか。
この石組のような形をしているのかは不明です。
 
鯛橋、確かに鯛の形に似ているかも。
それにしても、こんなに大きな石を運ぶのは並大抵のことじゃないな。
 
は、小田原と真鶴の間にある地名ですね。
これも小田原藩主だったことから来ているものかな。
 
そういえば、英語と中国語でも「山に登らないで」と書いてあったので、やっぱりそういう観光客はいるんだなと。
気持ちは何となく理解できるものの、確かにやってはいけないこと。
 
この日はちょうど梅の花が見頃で、絵を描いている人がいました。
優雅ですねぇ。
 
桜も綺麗そうだし、何よりも駅から至近であることが素晴らしい庭園。
暖かい季節にまた機会があれば行ってみたいですね。
 
 
【今日のワンポイント】
・芝離宮の入園料は150円、年パスは何と600円。通勤路であれば、入手して損はなさそう。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿