Adsense

2018年4月20日金曜日

【観光】市川にもある高円寺、密かなる藤の名所

六所神社から歩くこと30分ちょっと。
 
近辺では目立つ高台の上にある白幡神社に到着です。
 
小さな神社の割に参道が長いこと。
手前に写っているのは一ノ鳥居、奥の赤いのが二ノ鳥居で、更にその向こうにもう一つ。
トータル100m以上あるのは、この近辺にしてはかなりの規模です。
 
源頼朝が安房国で挙兵した際、この地にも源氏の白旗を上げたとのこと。
頼朝はこの近辺も訪れたんでしょうね。
 
面白いのは、狛犬の片側が親子。
親の狛犬は、怖い顔付きのなかにも子を見守る優しさがあります。
 
無邪気に遠くを見る子供が可愛いのは、狛犬も人間も一緒かな。
 
白幡神社から歩いて3分ほど、目的地に到着。
正確には、高円寺ではなく高圓寺なんですね。
 
このお寺は初めて来ましたけど、藤の花で有名なんだとか。
近くに住んでいても、意外に知らないものです。
 
その藤の花、これが一番それっぽく撮れたかな。
近くで花房を強調するより、遠方からフワッと感を撮るのが藤に合っているのかなと。
 
亀戸天神なんかとは異なり、人が少ないので色々研究できるのもいいところです。
 
本来であれば、蔓が長くボリューミーな藤になるらしいんです。
まだ少し早過ぎるのか、今年はこんな花なのか。
 
藤はタイミングが難しいものです。
 
寺の裏手にある別の藤。
こちらはまだ小さい木ですけど、その若さのせいか紫の鮮やかさ、力強さを感じます。
 
何十年、何百年とかけて、いずれはこの木も大きくなって、高圓寺の名物になっていくんでしょうね。
 
そうそう、意図はよくわかりませんけど、七福神が一堂に会してこちらを見ています。
七福神というより、7人の小人みたいだと感じるのは、決して私だけじゃないと思うんですよね。
 
藤の高圓寺、また来たくなる藤の美しさでした。
 
 
高圓寺
市川市宮久保4-5-1
047-372-9588
 

0 件のコメント:

コメントを投稿