Adsense

2017年7月5日水曜日

【グルメ】下総中山の有名寿司店、「海商寿し」で握りを堪能

地元の下総中山駅で、古くから最も人気があるのはこの「海商寿し」。
かつては持ち帰りでよく利用していて、お店に食べに行ったのは昨年のことでした

あの時は予想外に空いていて、行ってみれば何とかなるものだと思ったんです。
今回はどうだったか、やはり1テーブル空席があって、すんなり入ることができました。

繁華街ではないので、夕食を19:00に食べ終えるファミリーが多いからですかね。

今回オーダーしたのは、14貫にぎり1,980円。
 
左奥から大トロ、右に炙り大トロ、中トロにノドグロ。
下段にいって同じく鰺、平目、金目、…次は見た目じゃわからずで右端がツブ貝。
手前も左から生タコ、雲丹、白魚、小柱とシマアジです。
 
さぁて、何から食べよう。
まぁ一先ず頂きま~す。
 
 
味の薄いものからということで、まずはツブ貝。
身がしっかりしていて噛むと旨味がジュワッと、うん、これは美味い。
 
シマアジ、白魚、平目と食べ進みましたけど、どれもネタが新鮮で素晴らしい。
中トロも美味な赤身に近い酸味で本当に美味いんです。
 
そろそろ生タコにするかな。
この歯ざわりと旨味、たまらないですね。
 
次は謎のネタ、見た目からすると平目のエンガワ?
食べてみると、肉のような脂が滲み出てくるんです。
 
味からしても、エンガワで間違いないな。
丁寧に捌かれているのですぐにはわからなかったものの、これはいいネタに出会えました。
 
 
鰺、金目に小柱。
鰺はデカいし、金目はこの季節でもいい脂ののり。
小柱も、海苔の風味もあいまっていい味です。
 
さぁて、ここから高級ネタに突入、大トロ、ノドグロと炙り大トロの3連発。
 
大トロの芳醇な甘み、ノドグロの品のいい旨味。
炙り大トロもギュッと甘みが閉じ込められています。
 
最後は雲丹、これもネタの良さを感じます。
寿司としての完成度というより、ネタの鮮度と美味しさで勝負の店ですね。
 
他の料理のご紹介。
ビールのツマミはアオヤギ、独特の風味がたまらないですね。
 
ツマミの白魚。
出てくるのが遅いのが残念だったけど、寿司ネタにもなっているので味は想像頂けるかなと。
 
いやぁ、素晴らしい。
こんな新鮮なネタのを地元で食べられるなんて幸せ。
 
美味い魚を食べたくなったら、また利用することにします。
 
 
海商寿し
047-336-7028
千葉県船橋市本中山2-22-13 プラザレジデンス
・JR下総中山駅から徒歩2分
営業時間 11:30(日・祝は11:00)~14:30、16:00~21:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜日
 

0 件のコメント:

コメントを投稿