Adsense

2017年6月28日水曜日

【グルメ】え、コッペパンで勝浦タンタンメン⁈

千葉公園で大賀ハスを観た帰り。
千葉駅でお腹が空いたので、できたばかりの駅ナカで軽く食べていこう。
 
駅蕎麦やラーメンなど何軒か店はあるんだけど、さて、何にしようかな。

ふと立ち止まると、むむ、小さな赤い旗は勝浦タンタンメンの印。
ん? パン屋さんで勝浦タンタンメンって、どういうことなのか。
 
これは食べて試さないといけないですね。
 
正体は、勝浦タンタンメンコッペ。
名前そのまんまで、勝浦タンタンメンを挟んだコッペパンです。
 
あの激辛をどう再現しているのか、ワクワクしながらさ~て、頂きま~す。
一口食べると、あれ、これは焼きそばパンか?
 
麺の部分だけでは、勝浦タンタンメンっぽさは全くなし。
むしろ薄味の焼きそばパンっていうテイストです。
 
これは期待外れかと、一先ずかずさ牛乳で喉を潤します。
これもノーマル、でもごくごく普通に美味しい。
 
再び勝浦タンタンメンコッペに。
真ん中の挽肉のところに到達すると、少しヒリヒリ。
 
でもラー油たっぷりのあの辛さとは少し違うかな。
白髪ネギや煮込んだ玉ねぎで雰囲気は似ているんですけど、勝浦タンタンメンを名乗るならもっと攻めてもいいんじゃないかなと。
 
6月19日に発売されたばかり、夏季限定のパンのようですけど、今からでも遅くはない。
ガツンと辛いパンに仕上げてくれると嬉しいんだけど。
 
まぁ万人ウケするにはこの程度の辛さなのかな。
辛いのが苦手な人でもイケるので、千葉駅に行ったら試してみてください。
 
 
【今日のワンポイント】
・千葉を代表するB級グルメ、勝浦タンタンメンをコッペパンで表現するというアイデアは素晴らしい。
・値段は378円と安からず。期待は人それぞれながら、数を売るためにはノーマルな味は止むなしか。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿