Adsense

2017年3月3日金曜日

【ミリタリー】変則的な時期に木更津航空祭

2月最後の土曜日は木更津航空祭。
通常は10月に開催されるのが、今年度はサミット等があったのでこの時期にずれています。
 
第1ヘリコプター団のイベントで、多数のヘリが舞う人気の航空祭。
この時期に開催となって、果たして混雑の状況はどうなんだろう。
 
朝6:15に品川駅で待ち合わせ、アクアラインで若干渋滞したので、現地に着いたのは7:30頃でした。
 
海自門は既にオープンされていて、駐車場に車を停めたのは8:00くらいだったかな。
開門の8;30まで、列に並んで待機です。
 
ん、こりゃ何だ。
おそらく、第二次世界大戦中の防空壕か何かでしょう。
 
この煙突みたいなものは何だろう。
まさか炭焼き小屋? 燻製作るには良さそうだな。
 
こんなくだらない想像も、待っている間の時間潰しにはいいものです。
 
基地内に入ると、広い敷地内はまだガラガラ。
展示機のコックピットにも座れそうですけど、こんなところで時間を使っている場合じゃない。
 
ヘリコプター体験搭乗の抽選券ゲットのため、海自門側からは最も遠いAB格納庫に急ぎます。
 
うわっ、結構並んでますね。
並んでいる間にも列はどんどん伸びてましたけど、抽選券の配布は1,800とのこと。
 
①②③のリストバンドをそれぞれ600ずつ配布、いずれかがが当たるので確率1/3というシステムです。
今回は3人で行ったんですけど、3人が別々の数字を選べば必ず誰かは当たりになるけど…
 
いやいや、せっかくなので3人揃って当たるか外れるか。
③を選んで、さて、展示機を観に行こう。
 
真っ黒なUH-60に近づくと…お、アメリカ兵か。
キャンプ座間から来たそうです。
 
コックピットに座れるとのこと。
というか、アメリカ兵は来場者とお喋りをしていてヘリにはノーケア、勝手に座っていい感じでした。
計器が沢山付いていて、こりゃ何が何だかさっぱりわからんなぁ。
 
フロントガラス越しに写真を1枚。
撮った時には気付きませんでしたけど、白い服を着たおばさんが不思議そうにこっちを見ているのは何故だろう。
 
続いてはCH-47へ。
後部の格納室をグルッと一巡りできるんです。
 
質素な造り。
内部に薄い緩衝材が貼られているのは、軍事ヘリならではですね。
 
今回は、コックピットも写真撮影可。
ヘリはスイッチ類が多くて難しそうだなぁ。
 
もう1機、AH-1に戻った時には、既に長蛇の列。
これに乗ると祝賀飛行に間に合いそうもないな。
荷物を置いてキープしておいた場所に向かうことにしました。
 
木更津航空祭の記事、まだまだ続きます。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿