Adsense

2017年3月12日日曜日

【カメラ散歩】筑波山の麓に咲く梅の花

筑波山の麓に到着して、まず向かったのが筑波山梅林。
翌週から梅まつりが開始される日、空いているうちに梅を見ておこうかなと。
 
筑波山梅林は山の斜面にあって、登り坂がなかなかのキツさ。
いい空気を吸いながら、花を観ながらのんびり歩く、身体には良さそうな環境です。
 
花はまだ3分咲きというところ。
この記事をアップする頃には満開になっているんじゃないかなと。
 
坂の途中で振り返ると、田圃や山が見えてます。
長閑な景色、こういうのいいなぁ。
 
梅にもいろいろ種類があるんでしょうけど、名前が書いてないのでそれぞれが何だかわからずです。
でもそんなことは気にしないで、ピンクの花と空の青、いい色だなと感じられればそれでよし。
 
途中から木製の通路が葛折りに整備されています。
満開になると、梅の花のトンネルになるんでしょうね。
 
梅林の最も高いところには東屋。
入り口からここまで歩いて20分くらいかかります。
 
中からの景色、手前に満開の梅、向こうには関東平野、写真には持ってこいですね。
とはいえ、その頃には人出も増えて、のんびり写真を撮るもの難しくなるんだろうなぁ。
 
元の道を戻らなくても、そのまま筑波山神社の方に抜ける間道があります。
この道も自然豊かでまた気持ちがいい。
 
梅の花だけでなく、ちょっとしたハイキング気分が楽しめてなかなか素晴らしいところでした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿