Adsense

2017年3月31日金曜日

【カメラ散歩】大多喜の町と城、古き風景があちこちに

「いさばや」で刺身定食を食べた後、帰りついでにと寄ったのが大多喜。
車で近くを通ったことは何回かあるものの、いつも通過するばかり。
 
一度ぐらいは大多喜城にも行ってみよう、そう思ったんです。

城に向かう途中で見かけたいすみ鉄道。
 
沿線には撮り鉄が数多くいたんですけど、なかなか電車の姿は見えずでした。
ようやく大多喜で1輌、調べてみたら、日に15本ぐらいしか運行が無い電車なんですね。
 
大多喜城に到着、天守閣は鉄筋コンクリート製です。
 
徳川四天王の一人、本多忠勝が城主だったことで有名な城ながらも、その後は小藩だった大多喜。
天守閣はあったとしても、こんなに立派なものではなかったでしょう。
 
天守閣と言っても、現代では千葉県立中央博物館の分館。
子供向けの衣装撮影なんかもあったり。
 
やはり本多忠勝の鎧兜が人気のようです。
あれ、赤い鎧兜は赤備え、井伊家なんだけどなぁ。
 
館内は撮影禁止でしたけど、刀など江戸時代の物が展示されてました。
まぁそれほど珍しいものは無かったです。
 
唯一撮影OKだったのは兜の試着撮影コーナー。
本多忠勝の兜、被ってみるとワンピースのチョッパーみたいですね。
 
大多喜の街に戻って少し歩いてみることに。
古い造りそのままの商店も多数あって、歴史を感じることができます。
 
夷隅神社にも、そこそこ凝った彫刻。
飯縄寺にある波の伊八の彫刻を観ていなかったら、さぞ立派に感じたでしょう。

古い街の保存状態は、もしかしたら佐原なんかより優れているんじゃないかな。
 
ムーミンで人気のいすみ鉄道とセットで、大原の美味しい魚も加えて。
大多喜も観光集客を工夫すれば、結構いけるんじゃないかと思いますよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿