Adsense

2016年10月20日木曜日

北海道物産展、食材の存在感を活かしたラーメン

船橋東武でやっていた北海道物産展、10月の3連休の初日に行ってきました。
ちょうどオヤツどきを狙って、ラーメンを食べてこようかなと。
 
今回は千歳の「IORI」というお店が出店してましたけど、ここに来るラーメンはいつも美味しいんです。
よし、味噌ラーメンを食べてみることにしよう。
 
さぁて、頂きま~す。
 
あれ、味噌ラーメンの割には、色が薄いですね。
スープを一口飲んでも、味噌の風味をそれほど感じず。
 
チャーシューに摩り下ろし生姜が乗っているのも風変わり。
まぁ食べ進めてみましょう。
 
シナチクを一つ、パリッとした歯応えが気持ちいい。
 
もやしはシャキシャキ、玉ねぎは甘くて柔らかい。
そしてサイコロ状のチャーシューはふんわりしています。
 
麺は中太、色が極端に黄色いですね。
ズズっとすすると、歯応えしっかりです。
 
そうか、個々の素材の存在感がこのラーメンの特徴なんだ。
一つひとつの素材の旨さを組み合わせているんですね。
 
そう考えると、スープの薄さにも納得。
チャーシューの上の生姜を溶くと、味が変化してまた楽しい。
 
ほのかに感じる味噌の丁度よさ、すっかり魅了されての食べ終わりでした。
 
他にも塩や醤油があるんだけど、一体どんな味付けなんだろう。
スープだけでも飲んでみたいですね。
 
札幌に行く時に覚えていたらお店に寄ってみようかな。
行きたいお店がまた一つ増えました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿