Adsense

2016年10月3日月曜日

作り置き料理、今回は魚も2品

今週の作り置き料理、全部で14品。
並行調理を意識したら、比較的短時間での仕上がりでした。
 
まだまだ工夫の余地は多数ありますけど、着実な進歩が重要ですよね。
さて、いつもの如く、写真を順にご紹介です。
 
にんじんしりしりは、千切り器を購入して作るのが楽になりました。
ごま油と卵、いい味です。
 
小松菜の茹で浸し。
ただ茹でて、白だしと醤油をかけるだけ、でも食卓にあるとありがたい一品。
 
レンチンアスパラは、コンソメを塗してレンジにかけるだけ。
簡単で、素材の味を楽しめます。
 
もやしのピリ辛ごま和え。
水っぽくならないよう、もう少し水分を絞った方がいいかな。
 
ツナとパプリカのマリネ、見た目が鮮やか。
酸味もあるので、食欲増進になります。
 
酢ごぼうは、シャキシャキ食感が素晴らしい。
この料理、結構お気に入りです。
 
オクラの茹で浸し。
これもただ茹でて、白だしと醤油で和えるのみ。
ネバっとした食感は一品あってもいいですね。
 
春雨ごぼうのきんぴら。
ごぼうとにんじんのきんぴらに、軽く酢を吸った春雨がマッチしています。
 
チンジャオロースは、タケノコの量が多かった。
その分、旨味が増していい味でした。
 
豚挽肉とニラの炒め物は、ラーメンの具の余りなんです。
ニンニクをきかせてあるので、パンチのある仕上がり。
 
タラの西京漬け。
西京漬けは、漬けておくだけで日持ちもするので嬉しいんですよね。
タラは初めてですけど、味噌漬けにすると水っぽさもなく美味しく頂けます。
 
鮭のエスカベージュ。
具材は南蛮漬けと変わらず、醤油を使わずニンニクと鷹の爪で野菜を炒めてから軽く茹でる調理法。
味が薄いとも言えますけど、主張が強すぎないのでワインなんかにはこっちの調理法が合うと思います。
 
手羽元のオーブン焼きは、下味をつけて焼くだけ。
オーブンで焼いている間、別の料理をできるので効率がいいんです。
もちろん、味もバッチリでした。
 
味噌豚は、食べる時に焼く一手間があるものの、使い勝手のいい定番のおかず。
常備してもいいかなと。
 
 
過去に作ったことがあるものが増えてきて、調理にも悩むことが減ってきました。
この調子でもう少し訓練すると、レシピを見なくても作れるようになるのかもしれないですね。
 
これからも頑張ろうっと。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿