Adsense

2016年8月6日土曜日

週末の料理、手羽元が上々の焼き上がり

週末の料理、今回作ったのは以下の12品。
いつもの如く、写真の上から、左右の順に説明していきます。
 
まずは副菜から。
 
左上はにんじんしりしり。
「しりしり」って何だと思ったら、沖縄の方言で繊切りのことらしい。
 
スライサーを使うのが正しいらしいですけど、今回は下手な包丁で細切りにしました。
にんじんの甘味、ごま油の香ばしさがよく合います。
 
 
ほうれん草のナムルは、前回少量しか作らなかったのでリトライしたもの。
これもごま油ですけど、この季節の食欲増進にはいいものです。
 
もやしのピリ辛ごま和え。
豆板醤とニンニクの風味がなかなか。
日持ちがよくないのが難点といえば難点でしょう。
 
酢ごぼうは、歯応えがあって甘酸っぱい。
今まで食べたごぼう料理のなかでは、最も美味しい気がします。
 
春雨ごぼうのきんぴら。
酢でさっぱりとした仕上がりで、春雨をスルスルと食べられます。
きんぴらの香ばしさも意外にマッチするんです。
 
オクラの茹で浸し。
単に茹でて、醤油と白だしと生姜で味をつけただけ。
簡単でいいですね。
 
 
こちらの写真は主菜中心に。
 
チンジャオロース。
クックドゥーを使わずとも、それなりに美味しく仕上がるものだということを知りました。
 
ブリの煮付けは、ブリの切り落としが安かったので作ってみました。
シメジを合わせたのは初めてですけど、出汁の効いた汁が染み込んでいい味になるものです。
 
ツナとパプリカのマリネ。
パプリカは、先にレンジでチンしておくと、柔らかくなって食べやすいものなんですね。
覚えておけば今後も使えます。
 
手羽元のオーブン焼き、ニンニクと多めの生姜で下味をつけてあるので、見た目ほどしつこくない味。
今回はオーブンの焼き加減も上々で、美味しく仕上がった一品です。
 
 
次のそぼろのようなものは何と表現すれば良いか…
 
玉ねぎとにんじんのオムレツを作ろうと思ったんですけど、野菜が多過ぎてまとまらず。
なので卵炒めにしたものの、どうも味が足りないなぁと。
なのでタコミートも加えてみた、という料理です。
 
こんないい加減な料理でも、なかなかいい味に仕上がるのは不思議なもの。
料理って、奥が深いんですねぇ。
 
 
ラストはブリとシメジのガーリックソテー。
煮付けとほぼ同じ具材ですけど、味に変化をつけるために作ってみました。
ブリの脂、ガーリックにもよく合います。
 
 
今回は、自分なりに食べたいものを織り交ぜることができた作り置き。
まだまだ効率は悪いですけど、少しずつでも進歩していきたいと思ってます。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿