Adsense

2016年8月26日金曜日

名古屋の居酒屋、何を食べても美味な店

今回の名古屋初日、連れて行って頂いたのは、覚王山にある「にしか」というお店。
予約なしでは入れない人気店なんだそうです。
 
店内は個室中心で今時の造り。
中央にある鉄板で、野菜や魚介、お好み焼きなんかを焼くという趣向です。
 
豆腐が美味いというので食べてみたら、甘みがあってしっかりとした舌触り。
確かに美味い。
 
シーザーサラダはアボカド入り。
いい組み合わせです。
 
イカそうめん、種類はヤリイカでしょうね。
箸休めにはいい一品です。
 
野菜入りの牛串は、生卵を絡めてすき焼き風に。
甘辛のタレが生卵にマッチしていて、牛の旨さを引き立ててくれています。
 
焼き物は、山芋とシメジ、いずれもバター焼きに。
バターの甘みが素材に染み渡り、美味しさ120%ですね。
 
長芋のチーズ味噌田楽。
 
長芋が被りましたけど、味付けが全然異なるので別の食べ物のようです。
甘い味噌の風味、チーズによく合いますね。
 
とんぺい焼きというものは、初めて食べました。
 
ネットで調べてみると、ロシアの捕虜となった大阪の人が現地の兵士が食べていたものを参考にして作ったんだとか。
豚のバラ肉に卵、ソースの味とB級グルメの味ですけど、なかなか魅力的食べ物です。
 
三種珍味のポテトチーズ焼き、
三種はイカの塩辛、チャンジャ、明太子です。
 
トッピングが一味効かせていて、なるほど、こういう食べ方もあるのか。
面白い味でした。
 
お好み焼きや焼きそばに到達する前にお腹一杯に。
面白い味の揃った鉄板焼き居酒屋、人気の理由がよくわかりました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿