Adsense

2018年3月5日月曜日

【グルメ】深大寺そば、鴨汁せいろがいい味でした

2月の3連休、気候も良かったので深大寺に行ってみることに。
深大寺は、中央高速からそれらしき木立ちを眺めたことはあるものの、行くのは初めて。
 
テレビで見たりすると、門前町が賑やかなようで楽しみです。
 
 
原木中山から、東西線で延々と三鷹まで。
更にバスで30分弱、案外時間がかかるものです。
 
深大寺に到着すると、もうお昼近く。
蕎麦屋さんの「湧水」まで行くと、大行列ができています。
 
こりゃ早く昼食を澄ました方がいいなと、武蔵境通り寄りの「深水庵」に入ることにしました。
深大寺から最も離れた深大寺蕎麦のお店なので、比較的空いているんじゃないかなと。
 
このお店、入り口で注文を済ませてから入るスタイル。
注文票を持って店内に入ると、席に案内される段取り、効率いいです。
 
11:50の店内、まだ座敷もテーブルも空きはあり。
 
この後バタバタと混んできて、店員さんも忙しく走り回る混乱に。
座敷では靴を脱ぎ、屋外席に行くには手動扉を開閉してと、労働環境としてはなかなか過酷です。
 
お~、きたきた、鴨汁せいろの大盛り。
 
温かい鴨入りの汁、蕎麦はせいろで。
ラーメン屋さんのつけ麺のような組み合わせ、寒い時期にはこれもいい選択肢かなと。
 
さて、頂きま~す。
 
まずは汁を一口。
 
うん、程よい出汁、程よい塩加減。
鴨の脂やネギもいい味です。
 
そして蕎麦を一つまみ、ズズッ。
茹で加減が丁度いいですね。
 
味に主張はないものの、汁との調和がいい感じ。
時々ポロっと蕎麦が箸から離れますけど、まぁ最後に蕎麦湯を入れて汁ごと啜ればいいので気にしない。
 
鴨の皮を口に放り込むと、脂身がじゅわっと。
普通の肉には汁が絡まって、どちらが上ともいえない旨さです。
 
大盛りで蕎麦が多く、最後は汁が冷め気味。
それでも美味しく食べ終えることができるのはさすがでした。
 
初めて食べた深大寺そば、ボリュームもあるし、これはなかなかいけますね。
ご馳走さまでした。
 
 
深水庵
042-482-7337(予約可)
東京都調布市深大寺元町5-6-10
営業時間 10:30~17:30
定休日 金

0 件のコメント:

コメントを投稿