Adsense

2018年3月30日金曜日

【カメラ散歩】桜満開、地元でゆったりと花見散歩

地元の桜が満開に、散歩がてら花見ポイントを巡ってみることに。
溜まった記事が多いんですけど、旬のうちにこれを先にアップしておきます。
 
真間川という小さな川が市川市内を流れていて、京成線の鬼越駅近くがまず最初のポイント。
ニッケコルトンプラザの北側というと、ピンとくる方もいるかもしれません。
 
川沿い両岸が500mほど桜並木になっていて、車も少なくのんびり桜を眺めるのにいいんです。
目黒川よりスケールは劣るものの、人も少なく歩きやすいのもいいところ。
 
川にせり出す桜をパノラマで。
暫くするとこの花びらが散って花筏に、下流の川面が華やかになるのもまた素晴らしいんです。
 
法華経寺に向かう前に、パン屋さんの「CONCORD 」で一休み。
このお店も地元では人気店です。
 
今回は明太フランスをチョイス。
 
少々固めな表面は噛み応えがあって、中はふわっと。
明太子には適度のバター、塩加減もちょうどいい塩梅でした。
 
法華経寺の大仏は修復が終わったようで、五重塔と並べて撮ると鎌倉か京都みたい。
古さが残っていて、いつ来ても心和むお寺なんです。
 
参道の左右には桜、頭上まで覆い尽くす桜の花は相変わらずの美しさ。
この風景をみると、さて、今年も頑張るぞという気力が湧いてきます。
 
全行程で7kmほどの地元の花見散歩、充実したひと時でした。
 
 
法華経寺
市川市中山2-10-1
047-334-3433

0 件のコメント:

コメントを投稿