Adsense

2018年3月13日火曜日

【料理】加熱用の牡蠣、アヒージョにしてワインと楽しむ

スーパーに行ったら牡蠣が安くて、よし、これをワインのツマミにしよう。
ついでにエリンギも購入、お手軽簡単なアヒージョがいいですね。
 
牡蠣はオイル漬けを何回か作っているので、それとほぼ同じ要領で。
今回買ってきたのは加熱用、まずは牡蠣単独でしっかりと火を通して、一旦フライパンから外しておきます。
 
オリーブオイルにニンニク、鷹の爪の代わりにブートジョロキアをほんの少々。
これで千切ったエリンギを炒めて、最後に牡蠣をフライパンに戻して、さっとオイルを絡めて完成。
 
もう少し彩があるといいんですけど、自分用のツマミなので気にしない。
さて、早速頂きま~す。
 
うん、牡蠣の味が濃い!
加熱用の方が味が濃いというのを実感できます。
 
エリンギはシャキシャキの食感。
牡蠣のエキスも染み込んでいて、これも牡蠣本体に負けないほどのいい味でしt。
 
オイル漬けは保存前提なので生食用の牡蠣を使っていますけど、その場で食べてしまうアヒージョは加熱用が適してますね。
 
ワインはソーヴィニヨンブラン。
牡蠣だけだったらもう少し重い白がベスト、でもこの日は続けて手巻き寿司だったので、スッキリさっぱりと。
 
ワインに美味しいツマミ、充実のひと時でした。
 
 
【今日のワンポイント】
・牡蠣に火を通した際に出てくる水分には、牡蠣の風味がタップリ。フライパンを洗わずにオリーブオイル等を入れて、エリンギに味を染み込ませましょう。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿