Adsense

2016年11月5日土曜日

神田の老舗居酒屋、山形の酒と料理に舌鼓

会社の歓迎会で、神田のいい店に行ったのでご紹介。
「樽平」という神田駅前の居酒屋、山形料理のお店です。
 
このお店、山形にある樽平酒造蔵元の直営店だとのこと。
創業300年というので、江戸時代から続く老舗です。
 
店内は昭和っぽい雰囲気、食べログ評価も高く、味もしっかりしたお店でした。
 
DSC_1474
まずは予約しておいた刺し盛り。
手前から時計回りに、秋刀魚、赤身、〆鯖、蛸、鰹、鳥貝、そして真ん中には帆立。
 
これは山形産ではなく築地で仕入れているとのことですけど、どれも程よい締まり具合。
新鮮さだけを売りにするのではなく、魚それぞれに合わせた食べ頃を提供するのはさすがです。
 
DSC_1475
ハタハタの一夜干し、これは秋田名物。
絶妙な旨味がでていて、日本酒、樽平銀の温燗のほのかな酸味とよくマッチしていました。
 
DSC_1483
芋煮は山形の定番だとのこと。
肉じゃがの肉を牛に、ジャガイモを里芋に変更して、コンニャクやキノコを入れた料理ですね。
 
一つ一つの素材の美味しさが伝わってきて、しかも全体のバランスもよくとれています。
うん、これは美味しいなぁ。
 
写真を撮り忘れましたけど、玉コンニャクも味がよく沁みていて素晴らしい味。
 
そうそう、イナゴの佃煮もを久々に食べたんだった。
小振りなイナゴで食感も気にならず、これもまた日本酒にぴったりで美味しく完食でした。
 
DSC_1485
締めはむきそば、初めて食べた料理です。
 
蕎麦の実を茹でて、殻を外して出汁をかけたもの。
最初は蕎麦の実とわからず、米粒かと思うような食感です。
 
食べ進むうちに、あ、これは確かに蕎麦の風味だと感じる瞬間があるんですよね。
 
 
なるほど、山形の郷土料理って美味、当たり前だけど酒も美味。
それを実感できる素晴らしいお店でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿