Adsense

2016年11月12日土曜日

台湾の味、鶏肉飯を弁当で

入間航空祭の記事をアップし終えたので、再び元に戻ってと。
まずはとある平日のランチについてです。
 
 
会社近くの移動式弁当屋さん、この日は台湾の魯肉飯(ルーローハン)、鶏肉飯(チーローファン)のお店が出ていたので、食べてみることに。
前回は魯肉飯を食べたので、だったら今回は鶏肉飯にしてみよう。
 
鶏肉飯は文字通り鶏肉の丼。
前回の魯肉飯は豚肉ですけど、脂身タップリで少々しつこいんです。
 
鶏肉、しかも蒸してあるので、鶏肉飯はさっぱり、値段も100円安いんです。
魯肉と鶏肉のハーフ&ハーフもできるようですけど、今回はピュアに鶏肉を味わってみようかなと。
 
DSC_1513
蓋を開けてと。
確かにさっぱりとした外見の鶏肉、上にかかっているのは玉ねぎですね。
味付け玉子もついていて、右端にあるキムチは追加トッピングしてきたものです。
 
さぁて、頂きま~す。
 
まずは鶏肉から。
外見通り、これはさっぱり。
 
胸肉なのでパサパサしておらず、下味がちょっと薄いけどいい仕上がりです。
下味の薄さを補う玉ねぎは、ナンプラーや醤油でいい味がついています。
 
玉子も薄味で、これは健康にも悪くなさそう。
飽きずに食べられるであろう味、お手軽でいいと思います。
 
 
ん、そうだ。
いつかの週末、これを自分で作ろうかな。
 
ついでに台湾料理のおかずも作って、テーマは台湾ということで。
よし、ネットで調べてみようっと。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿