Adsense

2016年11月14日月曜日

三陸牡蠣をランチでも存分に

神田のランチ紹介、牡蠣を食べたくなったらここ、「飛梅」に。
 
この日は13:00からのランチ、以前行った「うな正」もこの時間ならOKかと思ったんですけど、5人も並んでいたので諦めてと。
近くで他を探したところ、空いていたのがこの店でした。
 
三陸の牡蠣のお店とのことで、津波被害から立ち直っているのはまず何より。
牡蠣飯セット、生牡蠣が一個プラスで750円を注文です。

DSC_1510
お、きたきた。
 
牡蠣飯には牡蠣がいっぱい、生牡蠣もそこそこのサイズです。
玉コンニャクの煮物まで付いて、この値段は安いなぁ。
 
_20161025_202029
あれ、よく見ると、お吸い物にも牡蠣。
牡蠣を存分に楽しめるランチですね。
 
DSC_1511
さ~て、頂きます!
 
牡蠣飯は表面だけでなく、御飯の中にも牡蠣が埋まっています。
全部合わせりゃ10個以上、牡蠣の旨味は御飯に染みていて美味しいこと。
牡蠣そのものよりも、御飯を楽しむものなんですね。
 
お吸い物の牡蠣はプリッとしています。
すまし汁も余計な味付けはなく、シンプルな一品でした。
 
 
DSC_1512
そして生牡蠣、やっぱり旨いですねぇ。
牡蠣の風味は瀬戸内産よりも控えめ印象ですけど、新鮮な磯の香りを満喫できます。
 
煮物も美味しかったし、こんなに大量の牡蠣を食べたのは久々。
お店も広く席の数も多いので、何かと使い勝手が良さそうです。
 
偶然とはいえ、いい店を見つけました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿