Adsense

2016年9月7日水曜日

地元の鶏そば店、醤油味を食べてみた

名古屋から3日ぶりに地元に。
名古屋駅の「住よし」できしめんを食べただけなので、少々お腹が空いている状況でした。
 
塩が美味しかったので、次は醤油を食べてみたくなったんです。
 
大荷物を持って店内へ。
店員さん、親切に荷物を運んでくれて、店の奥で預かってくれました。

おお、きたきた。
塩に比べて色が濃いのは当たり前か。
 
店員さんがしきりに気にしていた貝割れ大根(?)の乱れ。
食べ初めてしまえば関係ないんですけど、見た目にも拘っていることがよくわかりました。
 
さぁて、頂きます。
 
まずはスープ。
う~ん、唸る美味しさ。
 
鶏の風味にしょっつるの旨味。
濃すぎず、薄すぎずの絶妙な塩加減です。
 
続けて麺に。
歯触りを感じる固茹で、これが鶏のスープに合うんです。
 
塩も美味しかったけど、この醤油は奥深い味。
どちらもそれぞれの特徴が生きています。
 
2種類のチャーシュー、並べてみました。
 
左が煮豚、右は低温調理ローストポークだそうです。
どちらも美味しいですけど、右の赤い肉、さっぱりとしながらいかにも肉らしい味で好みです。
 
こりゃなかなかいいお店が近所にできたなと。
他にもメニューが豊富にあるので、また折をみて食べに行くことにします。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿