Adsense

2016年9月4日日曜日

パラミタ・ミュージアム、芸術よりもパンを堪能

アクア・イグニスに続いて行ったのは、車で5分ほどのところにあるパラミタ・ミュージアム。

イオングループの岡田家の財産で造られた美術館です。
池田満寿夫の陶彫「般若心経シリーズ」が多数収蔵されていることで有名だとのこと。
まぁ話のネタにと入ってみることに。

DSC_2661.jpg
う~ん、「般若心経シリーズ」はよくわからん。

確かに大きくて迫力があるし、偶然に形作られるものの儚さがあるというのは理解はできるんだけど…
芸術って難しいものですね。

企画展のガラス工芸も含め、展示物全体を30分ほどで見て回りました。

DSC_2665.jpg
奥に行くと、あれ、こんな洒落た休憩室があるぞ。
受付で聞いてみると、ゴミさえ持って帰れば、ここに食べ物を持ち込んでもいいとのこと。

そうだ、さっきアクア・イグニスで買ってきたパンをここで食べることにしよう。
有名なパン屋さんみたいなので、ランチにと買っておいたんです。
まだお腹が減らずで一先ずこのミュージアムに、出たらどこかで食べようと思っていたところ、冷房のバッチリ効いたこの部屋は非常に調子いい。

DSC_1123
まずはベーコンとチーズのパン。

固くて噛みちぎるのが大変なものの、噛めば噛むほど旨味が出てくる美味しいパン生地。
ベーコンとチーズの周囲はしっとりとしていて、その変化もまた楽しい味わいでした。

DSC_1125
続けて松阪牛のカレーパン。

カレーに松阪牛なんて勿体無いですけどね。
人気ありということで買ってみました。

DSC_1127
カレーは非常にスパイシー。
それでも牛肉の存在を感じるのは、松阪牛ならではなのか。

まぁ牛肉があってもなくても非常にいい味のカレー、そしてふんわりとしたパン。
なるほど、これは人気がある訳です。

芸術とパンのどちらを楽しんだのかは微妙でしたけど、とにかく寛ぐことができたのは間違いなし。

アクア・イグニスでパンを買って、パラミタ・ミュージアムで食べる。
今回の旅で偶然発見したテッパンコースです。

DSC_2664.jpg
館内には森もあって、食後にのんびりと散策するのもいいでしょう。

菰野には貴重な施設、楽しむことができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿