Adsense

2017年1月15日日曜日

【男の料理】ぶどうと蕪と生ハムのマリネ、ワインにもぴったり

土曜日の夕食、スーパーで食材を見て、何を作るか決めようかなと。
産直の蕪が美味しそうだな…ディルが40%引きか…
 
ん、そうだ!
義理の弟の得意料理、ぶどうと蕪と生ハムのマリネだ。
 
レシピを教えてもらったばかり、あとは皮のまま食べられる葡萄さえあれば…
お、あった!
 
あとは生ハムを買うだけ。
極めてシンプルな食材でできる料理です。
 
え~と、蕪はスライサーで薄切りに、塩で10分ほどしめておきます。
葡萄は半分に切って、生ハムはくっつかないようにバラしてと。
 
ドレッシングは白ワインビネガーとオリーブオイル。
白ワインビネガーを切らしたので、調味酢に白ワインを軽く一振り。
 
岩塩を振って味を整えて。
最後にディルを散らせて、はい完成。
 
もう一品は海老とマッシュルームのアヒージョ。
元々はトムヤムクンを作ろうと買った食材ですけど、ぶどうと蕪と生ハムのマリネを作るなら、洋系で揃えた方がいいですよね。
彩ということで、これにもディルを乗せておきましょう。
 
主食はパスタ。
シンプルにペペロンチーノにすれば、味の薄いマリネ、濃いめのアヒージョにも合うかなと。
 
さぁて、頂きま~す。
 
まずはマリネから。
さっぱりとした蕪にほんのり塩味、パンチのある生ハム、葡萄の甘酸っぱさ。
ディルの爽やかさも加わり、これはやっぱり美味いなぁ。
 
 
アヒージョはニンニクが効いてインパクトがある仕上がり。
蕪と交互に食べると、味が中和されていいバランスです。
 
おっと、ペペロンチーノもあるんだった。
アヒージョを意識して味を控え目にしたので、合わせて食べると丁度いいんです。
 
 
そしてまたマリネに、アヒージョ、再びペペロンチーノ。
そんな順番で食べ続けると、かなりの量があったのにいつの間にか完食です。
 
 
ふぅ、美味しかった。
自画自賛はよくないなと思いつつ、素材と素晴らしいレシピのおかげで大満足でした。
 
 
「ちょっと気取った夕食に」
 
材料
いずれも適当な分量で
・ぶどう 半分にカット
・蕪 スライスして塩もみ、10分置いて水を絞る
・生ハム 食べやすい大きさに切る
・ディル 少量で可、葉の部分を塗す
・白ワインビネガー 蕪1つに小さじ1程度
・オリーブオイル 蕪1つに大さじ1程度
 
上記をボウルに入れて和える。
最後に塩で味を整える(生ハムから出る塩の加減に注意)
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿