Adsense

2017年4月27日木曜日

【旅行】富山から少し離れた快適な宿「つるぎ恋月」

富山駅に着くと、この旅行で5種類目の鉄道、富山地方鉄道の電鉄富山駅に。
 
この電車に乗って何駅、上市駅から徒歩20分ほど離れた「つるぎ恋月」が今晩の宿です。
乗客は10名おらず、鉄道としての経営は大丈夫なのかな。
 
この電車、車輌が相当古くて振動が激しいんです。
にも関わらず、直線になると目一杯スピードを上げて暴走列車状態に。
スリル満点でなかなか面白かった。
 
上市駅からはタクシーを利用、「つるぎ恋月」に到着すると、従業員の方がタクシーまで出迎え。
 
建物内に入ると、和太鼓を叩いて歓迎の意を表してくれます。
ちょっと恥ずかしいですけどね。
 
ロビーは広々、チェックイン手続きもソファーに座ってという心配り。
歩き疲れた身体には嬉しいものです。
 
更には、「あんばやし」はサービス。
要は味噌こんにゃく、富山っぽいのかどうかはよくわからないものの、おもてなしを心掛けているんでしょう。
 
廊下にも富山っぽい写真がいくつか。
そうだ、おわら風の盆も生で観てみたいな。
 
今回泊まった部屋は2階があるメゾネットタイプ。
1階の和室は6畳です。
 
そして洋室にはテレビとソファ。
これだけでも十分な広さなんですけどね。
 

2階にはベッドが3つ。
最大6人がゆったり泊まれる部屋でした。
 
天気が崩れてしまったので景色はイマイチでしたけど、晴れていれば部屋から立山連峰を見渡せるようです。
 
 
そうそう、この宿、温泉がまた素晴らしいんですよ。
 
露天風呂2つ、内風呂が4つ。
温泉は錆のような色でヌルッとしていて、温度も適当に変えてあります。
 
疲れが癒えて身体も暖まって。
富山から少し離れているものの、なかなか素晴らしい宿です。
 
明日はこの宿の料理について書くことにします。

0 件のコメント:

コメントを投稿