Adsense

2016年12月8日木曜日

作り置き料理、今回は品数の新記録

作り置き料理もだいぶ慣れてきて、今週は19品、品数の新記録です。
いつもの如く、上から順番にご紹介。
 
まずは、うずらのにんにく醤油漬け。
うずら卵をニンニク醤油に漬けるだけ、おかずというより酒のツマミかな。
焼酎なんかによく合います。
 
レンチンアスパラは、切ったアスパラにコンソメをまぶしてレンジでチン、仕上げにパルメザンチーズをかけるだけ。
シンプルながらも、素材の味が活きています。
 
いんげんとにんじんの胡麻和え。
普通の胡麻和えながら、野菜の甘味がいい味わい。
 
レンコン甘酢漬けは、レンコンをざっくり切って茹でるので調理が楽々。
酸っぱさがたまらない一品です。
 
もやしの甘酢、今週は酢物が多いなぁ。
シャキシャキの歯ざわりを残す程度に茹でるのがポイント。
 
さつまいものレモン煮、定番品ですね。
これは煮るのに時間がかかるので、並行調理できるのもいいところ。
 
卵白身のふわふわ焼き。
黄身だけ使って余った白身に、片栗粉と干し海老を加えてこんがり焼きに。
干し海老は高いですけど、何かと重宝します。
 
紅白なますは、千切り器を使ったので調理が楽々。
ん、これもまた酢物か。
 
にんじんとにらの炒め物。
味付けは塩のみで、ツナ缶を混ぜて炒めてあります。
ツナ缶の使い勝手の良さに感謝です。
 
レンチン鶏しゅうまいは、ウェイファーで整えた味。
挽肉にウェイファーはテッパンですね。
 
ささみの紫蘇巻き、健康的なメインのおかず。
紫蘇だけでなく、梅も入れた方がパサつき感が気にならないかも。
 
小松菜としめじのナムル。
ごま油としめじ、よく合います。
 
牛肉のしぐれ煮、これもよく作る一品。
要は牛丼の具なので、これと御飯だけでも十分なおかずです。
 
きつねあげは、ほんのり甘い仕上げ。
薄味のきつねうどんに良さそうです。
 
レンチン鶏しゅうまいで使い切れなかった皮、チーズを入れて揚げ焼きに。
チーズが飛び出してこないよう、適度に焼くのが重要だということを学びました。
 
鮭のグリル。
ローズマリーと塩麹で下味をつけてあります。
塩麹は、素材の味を際立たせてくれて便利です。
 
鶏皮を味醂と醤油に漬け込んで焼いたもの。
調味料が焦げてしまうので、カリカリ仕上げにはできず。
これはこれで美味ですけどね。
 
鶏ハムは、湯煎の加減がよくわからんぞ。
恐るおそる切ってみて、中まで火が通っていて一安心です。
朝食にも使えて、あると便利な一品です。
 
最後に、写真にないのは豚の西京焼き。
何日か漬け込むと美味しいんですよね。
食べるのが楽しみです。
 
 
以上19品…
あれ、そういえば、ピーマンとじゃがいもの炒め物も作ったな。
ってことは合計20品、今週もよく頑張りました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿