Adsense

2016年12月5日月曜日

本土寺の紅葉、写真撮影のポイントはそこここに

11月のとある日曜日、この日は天気が良くて暖かい日。

風邪気味ながらも、昼間だけなら大丈夫だろうと、北小金の本土寺に紅葉を観に行ってきました。
 
このお寺には、昨年も紅葉狩りに来たんです。
でもその時はまだ見頃の前、そそくさと帰ったんでした。
今年はリベンジ、ホームページでも見頃であることを確認したのでバッチリです。
 
駅を降りてまず思ったのは、ここに来たのがたった1年前のことなのかということ。
遠い記憶になっているのは、この1年間にいろいろ経験した証でしょう。
DSC_4465.jpg
本土寺に到着、昨年は青々としていた楓、今年はしっかり色付いてます。
よし、これなら拝観料を500円を払っても損はないぞ。
 
DSC_4476.jpg
境内に入ると、左手に五重塔。
周囲には真っ赤な楓、横には黄色い銀杏、秋っぽいの色合いです。
 
DSC_4501.jpg
本堂にお参りすると、その周囲にも紅葉。
御利益ありそうですね。
 
DSC_4511.jpg
境内は思っていたよりも広く、本堂の横、渡り廊下を通過して奥に入っていけます。
ここの紅葉は、静寂感がありますね。
 
DSC_4515.jpg
墓地にも紅葉、色が複雑に変化していて綺麗です。
 
DSC_4527.jpg
裏手の菖蒲園、遠方に五重塔横の大銀杏。
長閑な風景です。
 
DSC_4546.jpg
このお地蔵さん、夜中に動いて落ち葉掃除をしてくれるという噂…は一切ありません。
丸々していて可愛いお地蔵さんです。
 
DSC_4554.jpg
上空を見上げても真っ赤な楓、彩に包まれた美しい空間でした。
 
DSC_4566.jpg
手水に浮かんだ赤い葉、粋な演出じゃないですか。
そこここに素晴らしい風景がいっぱい、想像していた通り、紅葉撮影ポイント満載のお寺でした。
 
DSC_1718
帰り際、参道のお店でみたらし団子。
短い行列ができるほど売れていたので食べてみたところ、懐かしい味、団子もモチモチしてなかなかの美味。
 
紅葉狩りに団子、日本の秋は楽しいものですね。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿