Adsense

2016年12月23日金曜日

芝エビのアヒージョ、パリッと食感が香ばしい

近所のスーパーで、珍しく芝海老を売っているのを発見。
作り置きではなく、その日の夕食用にと購入してきました。
 
芝海老なんて、滅多に見ないもの。
第二次大戦前は東京湾でも獲れたものの、今や九州産がメインらしい。
 
高級なイメージがあったんですけど、30匹弱入って299円とは。
実は庶民的な値段で買えることもあるんですね。
 
さぁて、どう調理しようか。
芝海老といえば、天ぷらか唐揚げが普通みたいです。
 
でも、ここは敢えてアヒージョ風に。
ニンニクと少量の鷹の爪をオリーブオイルで熱して、髭を切った芝海老を豪快に放り込みます。
 
灰色の身が、見る見る赤く変わっていくのは快感。
う~ん、美味しそ~。
 
その後に薄味に茹でたイカ、そして半分に切ったプチトマトを投入。
火が回ったところで、刻んだ大葉を加えて完成です。
 
美味しそうに仕上がりました。
さぁて、頂きま~す。
 
まずは海老から。
パリッとした食感、中から海老の旨味が滲み出てきます。
 
イカを食べると、トマトの酸味、ニンニクと大葉の香り。
この酸味や香りがあることを改めて確認して、なるほど、単に海老の旨味だけじゃなく、他の食材もあってこその味わいなのか。
 
海老の口先が少々固いものの、気にせず食べれば香ばしさも。
うん、狙った通りの味、この芝海老が300円とはというのは超お得でした。
 
芝海老の旬はこれから。
どこかで売っているのを見かけたら、また別の料理に挑戦してみることにします。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿