Adsense

2016年12月21日水曜日

週末の作り置き、鶏はむね肉の方が旨い

平日用の作り置き料理、今週も少なめに11品。
 
まずは鶏皮焼き、最近は皮は別に焼いています。
作り置きというより、酒のツマミですぐに無くなってしまうんですけどね。
 
右に行って、小松菜のナムル。
単に煮たよりも味がくっきり。
作り置きにはこっちの方が向いているかな。
 
ちくわとこんにゃくの煮物は初めて作りました。
こんにゃくに味を染み込ませるのがポイントで、じっくりコトコト、焦がさないように。
 
はんぺん枝豆だんご。
単に潰したはんぺんと枝豆を団子にして焼くだけなので簡単なんですけど、卵を混ぜても美味しいんじゃないかな。
 
ポテトウィンナーは、潰したジャガイモに刻んで火を通したソーセージを混ぜるだけで、結構味に深みがあるんです。
ソーセージを焼いて出てきた油も混ぜるたのが良かったのかも。
 
切りいかピーマンとちくわのつくだ煮。
旨味は切りいかから、ピーマンの苦味と良く合って、これが今回の一番のヒット作。
 
手羽元グリルのバーベキューソースは、焼肉のタレに漬け込んだ手羽元をオーブンで焼いたもの。
極めて簡単な味付けながら、言われなければわからないんじゃないかと思います。
 
カボチャのグリル。
切ったカボチャにオリーブオイルを和えて、オーブンで焼くだけ。
火の通し加減を控えたので、柔らかホクホクでした。
 
鶏むね肉のしそ醤油は、しその葉を焦がさないよう弱火めで揚げ焼きにするのが肝心。
揚げ焼きは、やはりむね肉の方が美味です。
 
鶏むね肉の磯辺から揚げ。
最近よく作るのは、青海苔を使い切ってしまいたいからなんです。
なかなか減らずなので、まだまだ続きそうです。
 
ラストはカレーオープンオムレツ。
にくが多め…というか卵ストックが想定外に少なく、肉っ気たっぷりのオムレツに。
パプリカで彩を出して、ほんのりカレー味が美味でした。
 
 
最近は作る種類を少し減らしているので、楽できています。
もう少し味に凝ってみるのもいいかな。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿