Adsense

2016年12月15日木曜日

様々な料理に囲まれて、ボジョレーヌーボーを味わう

11月最後の土曜日、この日はボジョレー・ヌーボーを飲む会で親の家に。
親族で集まっての飲み、気を遣わずに飲める場です。
 
前日は会社で飲み会、土曜日の午前中に作り置き料理。
翌日は早起きして百里基地に行く予定と、前後に詰まっている日ではあったものの、美味しくワインと料理を楽しんできました。
 
まずは乾き物をツマミながら、缶チューハイを飲みながら食事をセットアップ。
大人の贅沢カール、想像以上に美味しいのでついつい手が伸びてしまいます。
 
準備を終えて、さ~て、乾杯。
頂きま~す。
 
まずはブラジルのソーセージ。
豆か何かが配合されているようで、ピリ辛風味が食欲をそそります。
 
え~と、豚肉を紅茶で煮込んで…どうするんだったか。
初めて食べた味、これはなかなかのヒット作でした。
 
生ハム、蕪と葡萄のサラダ。
昨年もご馳走になったんですけど、これが美味しいんですよ。
 
生ハムの塩、葡萄の甘酸っぱさが蕪にマッチしているんです。
ボジョレー・ヌーボーに合う料理とのことですけど、いつ食べてもいい料理だと思います。
 
秋刀魚のエスカベッシュ。
秋刀魚は言うまでもなし、野菜の旨味も引き立っています。
 
カボチャのコロッケ。
カボチャとじゃがいもを混ぜて使うのが秘訣だそうで、確かに両者の味が複雑さを出しています。
うん、これはいい。
 
締め鯖のスモーク、ワインだけではなく、日本酒にも合うであろう味。
さっぱりした日本海系の酒でも食べたい一品。
 
スモークサーモンはテッパンですね。
締め鯖との味の対比もまた楽し。
 
ボジョレーに合うチーズ、コンテとカマンベール。
チーズって、合わせるワインで様々選ぶと面白いですよね。
 
そしてデザート、これが私の作った一品。
オレンジやグレープフルーツに、酒粕チーズをフォークで潰して乗せたものです。
 
オレンジやグレープフルーツを剥くだけでも結構な手間。
しかも美味しそうな匂いがしてくるので、剥きにくいところを食べると…
 
こりゃ美味いと、ついつい食べたくなってしまうんです。
その誘惑に争うだけでも大変なものなんですよね。
 
酒粕チーズは、品川のエキュートで購入したもの。
甘味があるので、フルーツに和えるのに適しているんです。
 
シンプルなデザートですけど、オレンジやグレープフルーツのボリューム感がある甘味がチーズで引き締まって、これはいいものを発見しました。
 
そうだ、ワインのご紹介を忘れてました。
 
まずは白、新酒とはいえしっかりとボリューム感があって、普通に楽しめます。
フレッシュさが強調された白ワイン、そう思えばわかりやすと思います。
 
ロゼは、明らかにボジョレー。
個性のあるロゼ、様々なツマミに合わせたくて、飲みのピッチが上がります。
 
あ、しまった。
最後に飲んだ赤の写真を忘れてました。
 
美味しくて、赤を飲んだ頃にはいい気分。
まぁ気持ちよく飲めたので、写真は無しでもいいですね。
 
楽しい夕方、癒しの一時として、重要ですよね。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿