Adsense

2015年3月28日土曜日

中間船舶検査、たったの5分で終了

ボートを所有していると、定期的に検査を受けなければならないんです。

 
本検査は6年に1回、その間の3年目に受けるのが中間検査というサイクル。
3年前に本検査を受けた(*)ので、今回は中間の方でした。
(*)Facebook上の写真のURLが変わってしまったようで、写真が全て表示されません。

一つ困るのは、地域毎に曜日が決められていて、それが浦安方面は水曜日であること。
しかも時刻は前日に指定されるので、会社で用事を入れられないんですよね。

今回は13:00、午前中に会社に行く訳にもいかず、手持ち無沙汰なので11:50頃とかなり早めのマリーナ到着。

え〜っと、法定備品を全て揃えてと。
 
3年ぶりに目にするようなものもあるんですけど、仕舞う場所はバウバース下の収納のみ。
さほど時間もかからず、あとは食事をして、ネットでいろいろ調べながら検査の方の到着を待ちます。
 
13:00ちょうどぐらいに、いきなり「こんにちは」と声をかけられ少々ビックリ。
艇置き場がわからず電話がかかってくるだろうと思ったんですけど、私がざっくりと書いた見取り図のみでボートを発見できたとのこと。
 
私:「あんな地図でよくわかりましたね。」
検査の方(以下、「検」と表記):「今日の中では一番わかりやすい地図でしたよ。」
他の方は、一体どれだけわかりにくい見取り図を書いているんだろう。
 
検:「はい、まずは航海灯を点けてください。」
検:「次にエンジンルームを見せてください。」
 
検:「船内に失礼します。法定備品は大丈夫…あ、信号光炎も期限は…OKですね。」
この検査のために新しいの買ったんですよね。
 
検:「救命胴衣も…人数分ありますね。」
これだけはかなり入念にカウントされていました。
 
検:「はい、以上で終了です。船舶検査証をお渡しください。」
私:「えっ、もう終わりですか!?」
 
全部で5分程度、たったこれだけのために会社を半日以上休んだのか…
 
帰りがけ、新しく完成したクレーンを眺めてと。
一旦家に帰って、スーツに着替えて会社に到着したのは15:00。
 
よし、次回の中間検査では、「できれば朝一にお願いします。」とコメント付きでお願いすることにしよう。
 
 
んっ、ちょっと待てよ。
 
そういえば、検査のの身分証を確認するのを忘れた。
もしかしたら全く関係の無いおじさんだったり…
まぁそんなことある訳がないか。
 
ボートの世界って、昔の平和な日本の名残が強いんですよね。
それもまたいいところの一つです。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿